はじめに

自動車の購入には、たくさんのお金がかかります。
特に新車の購入となれば、車種にもよりますが何百万円もの車両価格という場合がごく普通です。 現金一括払いという形で支払えるのは、ごく一握りのお金持ちの方々に限られるでしょう。

もちろん、新車に限らず、中古車のほか、バイクなどのローンもあり、一般にはオートローンやマイカーローンなどとも呼ばれ、 もはやなくてはならないローンの一つともいえる自動車ローン。

このサイトでは、自動車ローンについての基礎知識や、
知っていると得するかもしれない?情報などを 管理人の趣味の範囲ではありますが、
あれこれまとめてゆきたいと考えています。

自動車ローンの歴史

自動車ローンの始まりは、やはり自動車先進国であるアメリカにおいて1920年代に始めて導入されました。

ゼネラルモーターズやクライスラーなどのメーカーにより始まった自動車ローンは、一般庶民からすればまだまだ高嶺の花ともいえる、 自動車を所有できる機会を与え、自動車業界の販売台数の拡大にも大きく貢献しました。

当時、世界最大規模の自動車会社であったフォードは、当初自動車ローンを導入しませんでしたが、
ゼネラルモーターズが自動車ローンにより躍進し、
フォードでも導入せざるを得なくなった
という経緯があります。

日本の自動車ローン

日本では、戦後になってようやく比較的価格の安い、いわゆる大衆車が発売されるようになった1960年頃、 プリンス自動車(現在の日産自動車)が導入したのが最初だといわれています。

導入当時の具体的な支払い方法については定かではありませんが、80年代になると月々の返済額を抑える目的から、マル専手形と呼ばれる、 特定の決済のみに使用される手形を利用しての割賦販売方式が導入されるようになりました。

そして、自動車業界自体が大きくなるにつれ、中古車市場もどんどん大きくなってゆくと、
信販会社やファイナンス会社による自動車ローンが導入されるようになり、

現在でいう自動車ローンの形が形成されるようになりました。

自動車業界それ自体が、自動車ローン、クレジットと共に
発展、成長してきたといっても過言ではない
ほど、
密接な関係にあるのが自動車ローンだといえるでしょう。

金融参考サイト

金融は自動車ローンだけではなく個人に対して消費者金融のキャッシングや 中小企業に対してのローン、融資などを勉強するとより一層深くりかいできます。 そこで当サイト以外のサイトも紹介しますのでよろしければごらん下さい。

<事業者向け>
日本政策金融公庫
中小企業の方は一般、民間ではなくてこちらで一度相談したほうがいいです。